対象顧客に自社製品の価値を認めてもらうには?<前編>

プロモーション戦略
対象顧客に自社製品の価値を認めてもらうには?

エステサロンで販促活動を始めるにあたり、全てのメニューで、全ての顧客をターゲットにするよりも、効果的な施策というものがある。

今回は、一流のコンサルタントである齋藤顕一先生の“本質的問題解決_プロモーション戦略”についての記事をご紹介したい。
http://www.dhbr.net/articles/-/1428

齋藤顕一先生 プロフィール
http://forsaito.co.jp/company/profile-of-manager-and-staff
~フォアサイト・アンド・カンパニー ホームページ~

さて、今回のご紹介記事の内容は「対象顧客に自社製品の価値を認めてもらうには?」についてである。過去に弊社が取り組んだ事例をお話すれば、顧客を3つのグループに分け、それぞれのグループに対して施策を打った事がある。

【続きを読む】
会員様:http://t-and-m.jp/members/mem_cat/member_news

会員登録は:http://t-and-m.jp/#contact_title
※必要情報を記入の上、”会員登録する”にクリックをして送信してください。

==

Webサイト上の文章・画像等の著作権は全てTechnology&Managementにあります 無断使用、転載はご遠慮ください