対象顧客に自社製品の価値を認めてもらうには?<後編>

プロモーション戦略
対象顧客に自社製品の価値を認めてもらうには?<後編>

顧客のグルーピングについては、前回<中編>の通りで、最後は”施策”について考えてみたい。

まず、記事内のこちらを読んで頂きたい。
==quote
対象顧客名を具体化する理由はもう1つあります。それは、直接訪問するコストが正当化される顧客と、コスト的に見合わない顧客を選別することです。前者は、ある程度の購買金額を見込める重要顧客です。一方、後者は少額顧客であり、これは代理店に販売委託することになります。つまり、直接販売する重要顧客に対するプロモーションと委託販売のそれは異なる可能性があるということです。

さらに、直接販売について見てみると、既存顧客と新規顧客に分けられます。後者に関しては知らないことが多いでしょうから、当然、プロモーションに工夫が必要です。ここでも、新規・既存それぞれでプロモーションは異なります。その際、どの顧客から始めるか、優先順位を決めておくことも重要です。
記事:http://www.dhbr.net/articles/-/1428
==unquote

この記事の中で重要視して頂くのが、“優先順位を決める”こと。
リソースが限られている中、全てのグループに対して販促活動を行うのではなく、優先順位を決めて順番に施策を実行していくことが重要になる。

【続きを読む】
会員様:http://t-and-m.jp/members/mem_cat/member_news

会員登録は:http://t-and-m.jp/#contact_title
※必要情報を記入の上、”会員登録する”にクリックをして送信してください。

==

Webサイト上の文章・画像等の著作権は全てTechnology&Managementにあります 無断使用、転載はご遠慮ください

CBSから新商品が発売されました

エステプロ プロTマスク

エステプロブランドでおなじみのCBS社より、新パックが発売されました。

EL(プロTマスク)※画像をクリックすると拡大されます

 

以下、使用例のご紹介です。

【続きを読む】
会員様:http://t-and-m.jp/members/mem_cat/machine_info

会員登録は:http://t-and-m.jp/#contact_title
※必要情報を記入の上、”会員登録する”にクリックをして送信してください。

==

Webサイト上の文章・画像等の著作権は全てTechnology&Managementにあります 無断使用、転載はご遠慮ください

最新技術&機器 HIFUってナニ?

機器を扱う会社の中でも信頼性が高いことから、全国各地からお問い合わせがある美容機器ディーラーの(株)ビューティーキャラバンより、不定期ではありますが美容機器に関するコラムを提供して頂きます。
キャラバンとは【 宣伝・販売などのため各地をまわる一団】との意味もあり、お問い合わせがあればデモ機器を積みお客様の店舗へお伺い致します。機械屋さん特有の「この機器を導入後、売上拡大」などの論理も根拠も全くない営業等も一切行いません。代表が元々はプロユース向け化粧品メーカーの取締役として手腕を振るわれていた人物であり、業界経験、さらに化粧品知識も備わっていることから、弊社と同じくサロン様のパートナーとして、的確なご提案を行って頂けることを保証いたします。
本コラムは、皆様のサロン運営にとって有益な情報となっておりますので、是非一読頂ければ幸いでございます。
==

最新技術&機器  HIFUってナニ?

クライオ(冷凍)機器の流行が終わったかと思ったら、最近良く聞く言葉がこの『HIFU』と言う言葉。これは技術?機械?何なの? 焦るけど聞ける人もいないし、いつも来てるディーラーは相変わらず分かった様な分からない様な事適当な事言ってるし・・・って事で初回のコラムはこれに決定!

そもそもHIFUとは =High Intensity Focus Ultrasoundの略で、【Focus=集束】 【Ultrasound=超音波】の名の通り超音波を利用した美容機器一種です。日本語に訳すと『高密度集束超音波』となりますが、長過ぎるので頭文字をとって『HIFU=ハイフ』と呼ばれるのが一般的です。(ヒフとは呼びませんよ(笑)) なおHIFUは医療分野では科学的にも実証されおり、ガン治療にも用いられています。HIFUは海外で発明された最新技術を美容に応用したもので、海外の展示会では一昨年あたりからいち早く出てきてました。

【続きを読む】
会員様:http://t-and-m.jp/members/mem_cat/machine_info

会員登録は:http://t-and-m.jp/#contact_title
※必要情報を記入の上、”会員登録する”にクリックをして送信してください。

==

Webサイト上の文章・画像等の著作権は全てTechnology&Managementにあります 無断使用、転載はご遠慮ください

顧客開発プログラム_勉強会のご案内

※参加者募集、終了いたしました。

顧客開発プログラムの勉強会(参加型セミナー)を行います。

顧客を理解すること。そして顧客ごとの異なるニーズを見抜くことが重要だ。 byフィリップ・コトラー

”現在マーケティングの父”と呼ばれる、フィリップ・コトラーの著書には”顧客を知る”ことの重要さを訴えいてる内容が多くみられます。
2013年6月に開催された「コトラー・カンファレンス2013」では、「日本の会社は問題の解決策はいいものをつくること、それで勝てると言いがちですが、そうではありません。やはりカスタマー(顧客)について考えるべきです」と言っています。

企業が提供する商品・サービスは顧客の満足、喜びにつながるものでなければならない。つまり、店舗が提供したいサービスではなく、顧客が求めているサービスを上市することこそが、顧客の満足、喜びになると、弊社も常々考えています。

今回の勉強会内容は、下記の通りです。

【続きを読む】
会員様:http://t-and-m.jp/members/mem_cat/member_news

会員登録は:http://t-and-m.jp/#contact_title
※必要情報を記入の上、”会員登録する”にクリックをして送信してください。

==

Webサイト上の文章・画像等の著作権は全てTechnology&Managementにあります 無断使用、転載はご遠慮ください

対象顧客に自社製品の価値を認めてもらうには?<中編>

プロモーション戦略
対象顧客に自社製品の価値を認めてもらうには?<中編>

前回ご紹介した、「対象顧客に自社製品の価値を認めてもらうには?」について、弊社の経験を元に、詳しく伝えていきたい。
http://www.dhbr.net/articles/-/1428

顧客をグルーピングして、それぞれの特性を理解した上で“打ち手”を考える事は前回の<前編>の通りである。
前編はこちら:http://t-and-m.jp/members/mem_cat/member_news

今回は顧客のグルーピングについて考えてみたい。
まず、記事内のこちらを読んで頂きたい。
==quote
最初は、新製品をどのような顧客に買ってもらいたいかを決めることが大事です。できるだけ多くの法人顧客に買ってもらいたい気持ちはわかりますが、不特定の顧客だと、どのように「攻めていけばよいか」がわかりません。ですから、まず、対象顧客を決める。そして、対象顧客に新製品の存在を認知してもらう。ここまでが第1のステップです。
==unquote
記事部分はグルーピングについての話をしており、エステサロンでもこの考え方は重要になる。例えば90分¥15,000の施術を受ける50代女性と、60分¥8,000の施術を受ける50代女性を、十把一絡げに「50代女性」とグルーピングするのは危険と言える。

【続きを読む】
会員様:http://t-and-m.jp/members/mem_cat/member_news

会員登録は:http://t-and-m.jp/#contact_title
※必要情報を記入の上、”会員登録する”にクリックをして送信してください。

==

Webサイト上の文章・画像等の著作権は全てTechnology&Managementにあります 無断使用、転載はご遠慮ください

会員サロン様限定プライス商品のお知らせ

お客様 各位へ

いつも大変お世話になっております。

早速ですが、Bi-Youカタログに掲載されております、BiEST化粧品の原液シリーズのリニューアルに伴いまして、旧タイプをプライスダウンでご提供させて頂いております。施術に使用されているサロン様や、これからポレーション導入を考えられているお客様は是非詳細をご覧になってください。
詳細は、下記画像のクリックをお願い致します。

【続きを読む】
会員様:http://t-and-m.jp/members/mem_cat/product_info

会員登録は:http://t-and-m.jp/#contact_title
※必要情報を記入の上、”会員登録する”にクリックをして送信してください。

==

Webサイト上の文章・画像等の著作権は全てTechnology&Managementにあります 無断使用、転載はご遠慮ください

対象顧客に自社製品の価値を認めてもらうには?<前編>

プロモーション戦略
対象顧客に自社製品の価値を認めてもらうには?

エステサロンで販促活動を始めるにあたり、全てのメニューで、全ての顧客をターゲットにするよりも、効果的な施策というものがある。

今回は、一流のコンサルタントである齋藤顕一先生の“本質的問題解決_プロモーション戦略”についての記事をご紹介したい。
http://www.dhbr.net/articles/-/1428

齋藤顕一先生 プロフィール
http://forsaito.co.jp/company/profile-of-manager-and-staff
~フォアサイト・アンド・カンパニー ホームページ~

さて、今回のご紹介記事の内容は「対象顧客に自社製品の価値を認めてもらうには?」についてである。過去に弊社が取り組んだ事例をお話すれば、顧客を3つのグループに分け、それぞれのグループに対して施策を打った事がある。

【続きを読む】
会員様:http://t-and-m.jp/members/mem_cat/member_news

会員登録は:http://t-and-m.jp/#contact_title
※必要情報を記入の上、”会員登録する”にクリックをして送信してください。

==

Webサイト上の文章・画像等の著作権は全てTechnology&Managementにあります 無断使用、転載はご遠慮ください

BiEST_RFクリーム リニューアルのお知らせ

BiEST化粧品から、商品リニューアルのお知らせが届きましたので、ご連絡させて頂きます。

詳細は、下記よりダウンロードをお願い致します。
RFクリーム販売終了のお知らせ

内容を要約すると、フェイス用とボディ用にリニューアルを行い、販売開始時期(予定)は平成26年10月中旬頃となり、店販用の300gに関しては在庫が少量あるとのことです。(9/2現在)

商品ページはこちら⇓

52_53_BODYMENU_03※画像をクリックすると拡大されます

==

Webサイト上の文章・画像等の著作権は全てTechnology&Managementにあります 無断使用、転載はご遠慮ください